玉粗利と台粗利。

パチンコ玉


 慶次が導入され1週間経過しました。稼動は47,000個程とルパンの初動には及ばなかったものの、1年で最も暇な週と言われる11月の第3週ということを考えると上出来ではないでしょうか。一方の玉粗利は0.26円となっており、ここは予測を外しました。玉単価が1.5円程度なので、粗利率は17%とそれ程高い数値でもないでしょう。ただ、台粗利は12,000円となります。

 台粗利は結果論という側面が強いのは確かですが、単純に台粗利12,000円と言うのは高すぎます。4円パチンコの平均的な台粗利は3,000円〜3,500円程と思われるので、せいぜい6,000円程が適正ではないでしょうか。玉粗利0.15円の40,000稼動で台粗利6,000円になります。粗利率は10%。

 導入週の粗利は高めの設定で、稼動がついてくるようならば翌週から出玉率を高めるということなのかもしれません。機械寿命が短くなっている背景を考えるとリスクは確かに少ないでしょう。ただし、それは稼動しないということが前提。慶次の様なある程度まとまった台数を導入する場合は稼働優先で考えるべきでしょう。

 何も赤字営業をする必要はありません。台粗利6,000円の運用で良いのです。8,000円でも良いかもしれません。12,000円はやり過ぎだということ。

 3個賞球の高継続の低ベース機ならば、スタートと最終的な出玉率がリンクしないことは多々あるので、高めの粗利に設定するというのも理解できます。しかし、今は4個賞球・ベース30になっています。確実にコントロールはしやすくなっているので保険をかける必要はありません。

 稼働重視の機械と粗利重視の機械の見極め、そして、機械にコントロールされるのではなくコントロールすることが大切です。沖縄4が赤字スタートだったりする一方で、慶次の台粗利が12,000円スタートというのを見ると、まだまだ機械にコントロールされている様な気がしてなりません。

 台粗利12,000円で運用されている慶次と6,000円の慶次の翌週の稼働はどちらが良くなるのでしょう?稼働重視の機械の導入初期は台粗利の管理が重要です。それが翌週、ひいては1ヶ月後の稼働に影響してくるのではないでしょうか?

Photo credit: MShades via Visual hunt / CC BY-ND

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


メルマガ試し読みサービス!

 毎週月曜日に配信している有料メルマガを2号分無料でお届けします。
コンテンツは・・・
■業界ニュースピックアップ
■今週のウワサ
■週刊・千日前情報
■勝手に覆面調査
■今週の検定通過機種
■ブログでは書けない機械評価
■編集後記
 となっております。月額600円(税別)です。

試し読みサービスはコチラから!

SNSでもご購読できます。