勝手に覆面調査@キコーナ京都向日店。



 今回は昨年の12月27日にオープンした「キコーナ京都向日店」を勝手に覆面調査!最近は企業買収が目立ちますが、ここは新規店舗となっています。京都府下では6店舗目となります。

視察日

3月9日(木)

設置台数

パチンコ:560台
4円パチンコ:400台
1円パチンコ:160台
スロット:445台
20円スロット:413台
5円スロット:32台
総台数:1,005台

店舗所在地

京都府向日市上植野町尻引1-1(黄色の星印が対象店舗。その他の印は半径5キロ圏内の競合店。青以外の同色はそれぞれ系列店舗。)


 京都・大阪・神戸を結ぶ国道171号線沿いにある郊外型の店舗。すぐ隣には家電量販店があり、飲食店や車のショールームがあったりと、よくある幹線道路の風景といった感じ。幹線道路沿いに競合店が点在しており、「プレイヤーズクラブ パラ向日市店」「エンターテインメントオメガ向日市」と3店舗が並んでいるという状況です。店舗のすぐ西側には東海道新幹線が走っており、線路を挟むと田園が広がっているのどかな風景。

 周辺5キロ圏内には25店舗が競合しています。

雑感

 オープンから2ヶ月半後の平日の視察。入替え3日目という条件は付きますが、6割程度と台数を考えればなかなかの稼働率。キコーナと言えば、パチンコフロアとスロットフロアの境がなく全てストレート島というシンプルな島配列のイメージですが、最近はスロットフロアはR島を取り入れたりしており、ここもスロットはR島でデザインされたレイアウト。販促は相変わらずシンプルですが、カラーリングが以前とは違いややリッチテイストになっています。

 隣の「パラ向日市店」と「オメガ向日市」も除きました。当然、キコーナがトップ稼働ですが、両店舗共にそれなりの稼働。キコーナの稼働率を考えると、遠方から集客している可能性も十分に考えられるので、どの程度影響がるのかは分かりませんが、なかなか「オイシイ」エリアなのかもしれません。

 最近のキコーナの新店舗は数年前の勢いはあまり感じられませんでしたが、久しぶりに「強いキコーナ」を見た感じがしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*