北電子は一体何を考えてるのか・その2。

ジャグラー


 去年の12月で初代ジャグラーがリリースされてから20周年を迎えたそうで。そのジャグラーの20周年動画が公開されたらしいので見に行ってきたんですね。

 とある家族の20年のヒストリー調に仕上っています。冒頭、ある夫婦の出産シーンから始まるわけですが、生まれてきたのが帽子被って、蝶ネクタイした「ジャグラー」です。もうこの時点で完全に「出オチ」なんですけど、普通に物語は進行していきます。で、ご主人が子供の名前を提案するのです。

「ジャグラーってどうかな?」

 完全に「おい!ふざけんな!何がジャグラーだよ!大体どういう字書くんだよ!蛇愚羅亜かよ!極悪非道じゃねぇかよ!離婚だ、バカ!」とブチ切れても良さそうなものですが、奥さんはこう言います。

「いい名前だね(にっこり)」

 で、その後も淡々と物語は進んでいくわけです。なんせ「蛇愚羅亜」なんで、途中でグレたりするわけですが、無事に成人式を迎えます。で、最後は記念撮影のシーンで動画は終了するわけです。ラストシーンなんかはそれっぽいBGMが流れて、色々あったけど家族3人こうして無事に成人式を迎えることができたね、といった感動的なシーンなんですが、全然入ってこないんですよ。まずジャグラーが成長してデカすぎる。そもそもジャグラーだし。

 って言うか、突っ込みどころ満載の冒頭のジャグラー誕生シーンから、そこには一切触れずに淡々と物語が進行するので、最後に盛大なオチがあるのかと思っていたら全く無いんですよ。何なんだよ。俺の5分返せよ。

 ジャグラー20周年おめでとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。