勝手に覆面調査@ハッピーボックス和泉店。



 今回は7月28日にオープンした「ハッピーボックス和泉店」を勝手に覆面調査!

 大阪・埼玉・千葉で9店舗を展開する「㈱HOG」が運営する店舗です。大阪の法人で、法人としては2年ぶりの新店舗ですが、大阪では屋号を変えてのリニューアルはあるものの、新規店舗は数十年ぶりとなります。

調査日

8月10日(木)

設置台数

パチンコ:330台
2円パチンコ:60台
1円パチンコ:210台
0.5円パチンコ:60台
スロット:160台
20円スロット:92台
5円スロット:34台
2円スロット:34台
総台数:480台

店舗所在地

大阪府和泉市唐国町2-5-25(黄色の星印が対象店舗。その他の印は半径3キロ圏内の競合店。青以外の同色はそれぞれ系列店舗。)

 大阪府和泉市。最寄り駅は南海電車と直通している泉北高速鉄道の終点の和泉中央駅になりますが、距離は1キロ弱あるので、郊外型の店舗になります。

 泉北ニュータウンと呼ばれるエリアで近くには大学もあり、店舗が面している道路は片側1車線の狭い道路ですが、幹線道路を結ぶ抜け道のようになっていることもあり、生活道路と幹線道路の両方の役割を果たしている様な感じです。駐車場の出入口はこの道路からの1ヶ所だけとなっており、利便性は高くはありません。

 周辺5キロ圏内には20店舗があり、マルハンや123、ARROWといった大阪を代表する法人を始め、南大阪を中心に店舗展開している法人が多く出店しているエリアです。

雑感

 全体では5割弱の稼働率ですが、1円パチンコや0.5円パチンコに限れば6割近い稼働率といった状況。屋号の一部にもなっているように「快適ハッピー空間」をコンセプトにしており、通路幅や、台間等は十分な間隔が確保されています。以前の店舗が540台程ことを考えても十分なスペースとなっていることが分かります。

 店内の販促も機種の訴求等はあまりなく、空間をアピールする販促が多く、店舗のコンセプトが伝わってきます。オープン前も確か、派手な告知等は行っていなかったようなので、コンセプトはしっかりしている印象です。

 以前は、布施のダイエイや、今は屋号は変わり低貸しの併設店舗になっていますが、堺のスロ専のパニックボックスの頃は高稼働でイケイケの店舗というイメージなので、その頃と比較すると同じ法人とは思えない位に雰囲気は変わっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


メルマガ試し読みサービス!

 毎週月曜日に配信している有料メルマガを2号分無料でお届けします。
コンテンツは・・・
■業界ニュースピックアップ
■今週のウワサ
■週刊・千日前情報
■勝手に覆面調査
■今週の検定通過機種
■ブログでは書けない機械評価
■編集後記
 となっております。月額600円(税別)です。

試し読みサービスはコチラから!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*