Droronえん魔くんメ~ラめら@奥村。



Droronえん魔くん_2

スペック

~H4
TS:385.5
確変:100%(ST105)
時短:0、105回
T1Y:約1,835個(16R)、約1,433個(12R)、約917個(8R)、約459個(4R)、0個

~M4
TS:299.3
確変:100%(ST75)
時短:0、75回
T1Y:約1,552個(16R)、約1,164個(12R)、約776個(8R)、約388個(4R)、0個

役物

Droronえん魔くん_3

Droronえん魔くん_4

Droronえん魔くん

雑感

 マックスは電チュー3個賞球で特図1の突確・潜伏比率を少なくして入り口を広くしており特図2の16R比率も多く(60%)なっていますが、継続率は77%とマックス機にしては低くなっています。ミドルは逆で、電チュー2個賞球で、入り口は狭く、特図2の16R比率も低めですが、継続率がミドルの割には80%と高く設定されています。

 良いか悪いかは別にして、意図は伝わってきます。ミドルSTは慶次があるので、選択肢としてはマックスという事になりそうです。12月はマックスのコマが薄いのでくいこむ余地はありそうですが、スロットや沖縄3の甘デジやコードギアスといった、メインとなりそうな機械が決まってから、という事になりそうです。

 ※この機械は10月28日発行のパチンコ業界!?メルマガVol.9の「ブログでは書けない機械評価」のコーナーで取り上げています。購読申し込み、サンプル号の講読はコチラから→パチンコ業界!?メルマガ:まぐまぐ! 講読月は無料で講読出来ます。申し込み月に発行されたバックナンバーも全て配信されます。

販売台数

10,000台

関連リンク

Droronえん魔くんメ~ラめら機種ページ:奥村遊機
Droronえん魔くんメ~ラめら発表会:YouTube
Droronえん魔くんメ~ラめら試打動画その1:YouTube
Droronえん魔くんメ~ラめら試打動画その2:YouTube

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。