広告宣伝規制の意味をもう一度考えた方が良いんじゃないだろうか?

パチンコ広告


 さて、今年もあと僅か。今日で仕事納めといった方も多いと思います。昨日、千日前を見て回りましたが、平日よりは多めの集客で、年末モードといった雰囲気を感じました。今年の正月営業はどうでしょう。短めの連休なので、逆に良いのかもしれません。

 先日、あるホールの前を通りかかると、店頭に新台入替えのポスターがありました。「新台入替」という大見出しに導入機種と台数が表示されているという、よくあるレイアウトなんですが、その中のある機種の台数が「0台」となっていました。一瞬、誤植かと思いましたが、どうも意図的のようです。

 プレミア開店で問題になった機種だったので、メーカーに対する皮肉も込めたユーモアなんだろうと解釈しました。が、これ微妙です。所謂「おとり広告」とか「優良誤認」の類になってしまうのかなぁと。

 最近ではスーパーのイズミヤのチラシががおとり広告に認定されニュースになりました。

消費者庁は21日、実際には仕入れていない神戸牛を3割引きで販売すると広告で宣伝したのは景品表示法違反(おとり広告)に当たるとして、広告を発行した中堅スーパー「イズミヤ」(大阪市)とテナントの食肉加工販売会社「牛肉商但馬屋」(兵庫県姫路市)に再発防止を求める措置命令を出した。via: 産経WEST

 本来、無いものを「ある」と宣伝するのがおとり広告、優良誤認は、本来の機能より優れているかのように誤認させる広告。最近、何かと話題のステマ問題でよく耳にする言葉です。ここ最近の例で言うとDMMがやらかしています。

 そういう意味では「0台」と書いてるので、おとり広告や優良誤認にはならないのかもしれませんが、それならば、その時期にリリースされている他の未導入機種も「0台」と表示するべきで、特定の機種だけピックアップして「0台」とするのは、発信者はユーモアのつもりでも、誤認するユーザーもいるような気がします。

 2011年に広告宣伝規制が強化され、更にその1年後に再度見直され、今に至る訳ですが、その再通知の時に当時の課長補佐がホール5団体を集めた説明の中で次の様なことを言っています。

また、よく考えていただきたいのですが、いわゆる出玉系イベントというものは、回胴式遊技機を高設定にする場合以外は、違法行為を前提とするものです。遊技機の本来の性能には調整を加えられない以上、出玉系イベントの広告は、景品表示法が禁じる不当な表示、すなわち虚偽広告か、遊技機の無承認変更を告知しているか、のいずれかです。via: 日遊協広報誌:2012年8月号

 また、同時に警察庁の見解として示された7つの指導の中に次のようなものがあります。

④違法広告と景表法の関係について遊技機の本来の性能には調整を加えられない以上、それを前提とした広告宣伝は、遊技機の無承認変更か景表法が禁じる虚偽広告になるが、遊技機に手を加えていないのに遊技機の性能を調整してるかのごとき広告、あるいは、パチスロでも実際と異なる設定を広告することは、やはり景表法違反となる(消費者庁に確認済み)。via: 日遊協広報誌:2012年8月号

 出玉イベントの広告は実際に玉を出せば風営法違反、そうでなくても優良誤認で景表法違反ということです。今回の例とは意味合いは異なりますが、広告宣伝の実態は風営法違反に関しては、尊守しているとはなかなか言い切れない状態ながらも、ガードしながらジャブを打っている様な感じですが、景表法違反に関しては、ノーガードに近い様な感じがします。

 IR法案の成立で依存症問題に関連したニュースが日々取り上げられている状況です。当然、パチンコもその対象に含まれます。その様な状況の中で、冒頭のような広告はノーガードで敵陣に突っ込んで行くようなもので、危うい感じがします。

 広告宣伝規制の意味というものを再度、見直す必要があるのではないでしょうか。風営法マターに関しては、もう少しガードを固め、景表法マターに関してはガードの意識を持たないと、思わぬ所から足をすくわれかねないと思うのです。

 業界関連のサイトなんかでも、明らかにステマっぽい記事みかけますし、この業界ってそこの意識ユルユルですよね。もう少し慎重になった方がいいと思うんですよね。ステマ、ダメ、絶対。

Photo credit: via Visualhunt.com / CC BY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


メルマガ試し読みサービス!

 毎週月曜日に配信している有料メルマガを2号分無料でお届けします。
コンテンツは・・・
■業界ニュースピックアップ
■今週のウワサ
■週刊・千日前情報
■勝手に覆面調査
■今週の検定通過機種
■ブログでは書けない機械評価
■編集後記
 となっております。月額600円(税別)です。

試し読みサービスはコチラから!

SNSでもご購読できます。