機動戦士ガンダム-V作戦発動-@SANKYO。



ガンダム

スペック

■大当たり確率
 199.8(高確率時:77.7)
■確変
 100%(3回リミット)
■電サポ
 0、100回
■T1Y(特賞差玉)
 約1,835個(16R)、約1,033個(9R)、約461個(4R)

雑感

 液晶演出は前作のバージョンアップという感じ。可動役物は、液晶上部のザクの顔が落ちてきたり、液晶の前面で合体して出来るガンダムの役物等、迫力はあります。演出は前作より、デキは良くなってる感じがしました。

 前作と大きく異なるのがスペックで、前作はマックスのV-STがメインのスペックでしたが、今回はヘソ1個賞球の新内規対応のライトミドルで、3回セットの確変機となっており、電サポの回数を数種類に分ける事でゲーム性を広げています。

 前作のマックスはダメだったという話をたまに聞く事がありますが、決してそんな事は無く、1ヶ月後に同様のスペックの牙狼FINALの導入が始まった事もあり、確かに結果は良くはありませんでしたが、平均的な稼働はした事を考えると、ガンダムというコンテンツは健在なんだと思います。

 今回は、ガンダムというコンテンツではなく、このスペックの評価が結果を左右する事になりそうです。

※この機種はパチンコ業界!?メルマガの「ブログでは書けない機械評価」のコーナーに掲載予定です。メルマガの購読申し込みはコチラか下のバナーよりお申込み下さい。申し込み月は無料&申し込み月発行のバックナンバーも全て配信されますので、お気軽にお申込み下さい。

販売台数

60,000台

関連リンク

フィーバー機動戦士ガンダム-V作戦発動-特設サイト:SANKYO。

※各数値は筆者調べです。各自、ご確認お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。