大奥〜繚乱の花戦〜@ニューギン。



ニューギン

スペック

〜M2-T
■大当たり確率
 299.25(高確率時:35)
■確変
 60%
■電サポ
 70回
■T1Y(特賞差玉)
 約1,525個(15R)、0個

雑感

 前作にあたる「川島なお美の大奥百花繚乱」は良かった記憶があります。特に甘デジは長期で使えました。今回は川島なお美は出てきませんが、試打中に実写の女の人が出てきました。誰かは分かりません。

 前作の記憶が川島なお美しか無いのですが、ビジュアル的にも、そんなに時代劇っぽくもなく、キャバクラなんかでありがちな「女同士の戦い」を時代劇風にアレンジしたという雰囲気です。スペックも突確以外は全て15Rと非常にシンプルなミドルスペックになっています。

 役物が非常に凝っており、決して豪華ではありませんが、細かい部分まで工夫されています。

※この機種はパチンコ業界!?メルマガの「ブログでは書けない機械評価」のコーナーに掲載予定です。メルマガの購読申し込みはコチラか下のバナーよりお申込み下さい。申し込み月は無料&申し込み月発行のバックナンバーも全て配信されますので、お気軽にお申込み下さい。

販売台数

10,000台

関連リンク

大奥〜繚乱の花戦〜特設サイト:ニューギン。

※各数値は筆者調べです。各自、ご確認お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。