パチンコ店の駐車場の有効活用法。



駐車場photo by halfrain

  最近、少し前に北海道のひまわりグループが駐車場に「らーめん合衆国」というラーメン店を集めたフードコートをオープンしたというニュースがありました。

 駐車場の活用事例として、他にもこんな事例もあるようです。

全国に11000店舗を超えるパチンコホールは、幹線道路近辺などに立地する店舗も多く、充電インフラにも期待がかかる。
公楽グループではいち早く充電設備を導入し、好評を博している。
(中略)
充電設備の導入にあたっては、一部国の補助金を申請。設備購入費に対して補助金交付を受けることができた。「地域的にEV・PHVの普及が遅れているため、充電器の利用もまだ多くはありませんが、確実にリピーターは増えています。via: あなたの街のEV・PHV:次世代自動車振興センター

 電気自動車の充電設備です。これは良さそうですね。問題は導入費用と月々の電気料金等ですが、設備導入に関しては補助金も出る場合もあるようです。他の節電対策と同時に行うのが効果的のようです。

 飲食店同様、この充電設備も駐車スペースは減る事になりますが、そもそも、駐車場が満車になるようなパチンコ店なんて今はごく一部でしょう。

 やはり、気になるのは費用です。興味のある方は問い合わせてみてはどうでしょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。