バイオハザード0@大一。



バイオ

スペック

〜KL
■大当たり確率
392.4(高確率時:76.7)
■確変
突入:64%、継続:100%(ST130)
■電サポ
通常大当たり後:100回、確変大当たり後:130回
■T1Y(特賞差玉)
約1,835個(16R)、約1,377個(12R)、約1,148個(10R)、約919個(8R)、約690個(6R)、約461個(4R)、約117個(1R)

〜ライトミドル
■大当たり確率
239.2(高確率時:94.3)
■確変
突入:55%、継続:100%(ST130)
■電サポ
通常大当たり後:100回、確変大当たり後:130回
■T1Y(特賞差玉)
約1,403個(16R)、約1,053個(12R)、約878個(10R)、約703個(8R)、約528個(6R)、約353個(4R)、約90個(1R)

雑感

 マックスはV-ST機ながら、ST突入率が64%と高くなっているのが特徴で「勝率」が高くなっているようです。高速消化と通常消化の2種類のSTがあり、16Rの大当たり後は高速消化STへ、それ以外が通常消化STへと移行します。回転数によって、SAが異なるパターンはありますが、このように完全に分かれているのは珍しいかもしれません。

 可動役物も、ゾンビハンド等「雰囲気」はよく出ています。

※この機種はパチンコ業界!?メルマガの「ブログでは書けない機械評価」のコーナーに掲載予定です。メルマガの購読申し込みはコチラか下のバナーよりお申込み下さい。申し込み月は無料&申し込み月発行のバックナンバーも全て配信されますので、お気軽にお申込み下さい。

販売台数

15,000台

関連リンク

バイオハザード0特設サイト:大一。

※各数値は筆者調べです。各自、ご確認お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
 


SNSでもご購読できます。